FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  この身体、この精神  »  中心と周辺という素朴な世界観の終焉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

中心と周辺という素朴な世界観の終焉

 


 前の記事で、病との闘いによって生きる実感が変わったが、それは気分や感覚の問題に止まっていたと書いた。その問題点を明確にするために、さらに何回かにわたって今まで私が何をしてきて、何があったのかを書こうと思う。今回は、自分自身に関心を集中したが、そのことによって自分が自分でないような、自分の認識の主体がどこにあるのかわからないような混乱に陥ったことを書く。そして、別の記事で書くが、それは現実という世界の意志に対する世界の物質的、空間的側面の問題である。



 自分自身とそれ以外のものが、等価に見え始めた。まず、病に手足を縛られ何一つ満足に出来ない状態の中で、何かを生み出せる自分を作り出すために、自分の意志で自分自身に関心を集中した。そして、いずれ関心は自分自身から、関連と連続性を持って自分以外のものへと拡がっていくのだと思っていた。しかし、自分自身に関心を集中しようという私の意志と何の関連も連続性もなく、自分以外のものへ関心が脈絡なく不意に飛ぶことに気づいた。そして、自分自身に対する深刻な関心とそれ以外のものへの関心は並存していた。つまり、私は自分自身を認識の主体と考えながら、実際には自分自身とそれ以外のものを等価に扱っているということだ。



 自分が自分でないような新たな混乱が生じた。私もこの世界を構成する雑多な事物の一つに過ぎない。しかし、少なくとも私にとって私自身はそれ以外のものとは違う特別な意味を持つもののはずだった。だが、自分自身を認識の主体と考えながら、実際には私は自分自身とそれ以外のものを等価に扱っていた。そのことに気がつくと、自分とそれ以外のものとの区別が曖昧になっていった。そして、自分という言葉がこの世界のどの部分を指す言葉なのかわからなくなった。



 私を中心としてその周りに世界が広がっているという、素朴な世界観は終焉を迎えた。自分自身に関心を集中し、あたかも自分を外部から眺めるかのごとく客観化し、操作して、変化させられるなら、私が自分と呼ぶこの個体としての肉体や精神の内部に、私の認識の主体は存在しないことになる。実際、私は自分自身とそれ以外の無数に存在するざまざまな事物を等価に扱っていた。そうだとしたら、私の認識の主体はどこにあるのか、そもそも認識の主体とは何なのか。そのようにして、自分という言葉がこの世界のどの部分を指す言葉なのかわからなくなることで、私を中心としてその周囲に世界が広がり、自己を強化することで周囲の世界に対する影響力が増すという素朴で単純な世界観は崩れ落ちた。



 以上をまとめる。何かを生み出せる自分を作り出すために、自分自身に関心を集中した。しかし、そうすると自分とそれ以外のものが等価に見え始め、自分とそれ以外のものの区別が曖昧になっていった。そして、自分が自分でないような、自分の認識の主体がどこにあるのかわからないような混乱に陥った。そのようにして、自分という言葉が世界のどの部分を指す言葉なのかわからなくなることで、私を中心としてその周囲に世界が広がっているという素朴な世界観は終わりを告げた。今回書いたことは世界の物質的、空間的側面に関するものだったが、次の記事では世界のもう一つの側面である世界の意志としての現実に関する問題について書く。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最近「病む」という言葉をよく聞きます
うつ病になる人とそうじゃない人の違いって本当に紙一重だと思います
りつきさん、はじめまして。

そうなんですか?
私は自分以外の人間をあまり知らないし、
病気にならない自分というものを想像できないのでよくわかりません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。