FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  この身体、この精神  »  新たな世界観

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

新たな世界観

 

 前回、前々回と「自分」という言葉が世界のどの部分を指す言葉なのかわからない混乱と、自分の感じている意志が誰の意志なのかわからない混乱について書いた。そして、今回はそれらの混乱の中から生まれた新たな世界観について書く。というのも、その新たな世界観がそれらの混乱を鎮めることになったからである。


 「意志」というものがなければ、この世界も自分も雑多な事物の集積でしかない。以前の私には現状に対する不満や怒りはあっても、主体的意志というものがなかった。また、主体的意志を持たない私には、自分もこの世界も雑多な事物の集積にしか見えなかった。やがて、病との闘いが始まった。それは、初めて自らの主体的意志によって行われたものだ。そして、その強烈な主体的意志は現実に影響を与えた。やがて、その現実の動きの背後に「現実そのものの意志」を見るようになる。そうすると、世界を構成するさまざまなものが複雑に関係しあっているように見え始めた。


  「現実」という私にとっての唯一の絶対的他者を意識することで、自己の存在を確認することが出来た。自らの世界観に「意志」という特定の到達点と方向性を持った時間的側面を導入することで、「世界」は生々しい拡がりを持ち始めた。そして、「世界」は「意志」を持った「現実」となった。また、「現実」は私自身を含み、私の意志を操っているようにさえ見える。しかし、それは私にとっては、けして理解できないし、解り合うことのない唯一の絶対的他者だった。そして、この段階に来て、前回、前々回と書いてきた混乱は鎮まった。


 前回と前々回書いた混乱から、「現実」は「世界」という空間的側面と「意志」という時間的側面から構成されていることが分かった。主体的意志によって現実を動かそうとするとき、自分自身も環境も極度に対象化され、自分自身とそれ以外のものの境界が曖昧となる。自分という言葉が世界のどの部分を指すのか分からないような混乱は、「世界」という「現実」の空間的側面に関する問題だった。そして、自分の主体的意志に対する環境の反応の背後に「現実そのものの意志」を見始め、「現実そのものの意志」と自分の内面が複雑に絡み合っていることに気づくと、自分の感じている「意志」が誰のものだかわからないような混乱に陥った。そして、それは「意志」という特定の到達点と方向性を持った「現実」の時間的側面に関する問題だった。


 以上をまとめる。自らの世界観に「意志」という特定の到達点と方向性を持った時間的側面を導入することで、「世界」は生々しい拡がりを持ち始めた。そして、「世界」は「意志」を持った「現実」となる。また、「現実」という私にとっての唯一の絶対的他者を意識することで、自己の存在を確認することが出来た。そのようにして前回と前々回書いた混乱から、「現実」は「世界」という空間的側面と、「意志」という時間的側面から構成されていることが分かった。そして、この新たな世界観の誕生によって、状況は新たな局面を迎えた。そのことは、次の記事以降に書く。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
はじめまして
ブログへのお立ち寄りありがとうございます。

なにやら、すごく賢そうなブログで
コメントしちゃってよかったのかなぁ^^;

わたしのブログは映画などの紹介をしていますので、
お暇な時にでも、お立ち寄り下さい。
これからヨロシクお願いします^^
応援クリック・・・ポチッ
みぃさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
気軽にコメントして頂いて結構ですよ。

よかったらまた見に来てください。
ブログみて、難しそうで、

いつもアホなことして暮らしている私とは
「全然違うやん」と思ってしまいました。

これから秋は子どもの運動会シーズンなので
ブログではその辺りを日記風に書いていくかと思います。
よろしくお願いします。




まめとりさん、こんにちは。

難しいですか……
今のところ自分の考えをまとめることで精一杯です。
それで内容が抽象的で具体的なことが全然書けてないので、難解に見えるのかもしれません。
或いは、まだ考えが足りないのかもしれません。
わかり難くてすいません。

ところで、運動会ですか。
楽しそうですね。
お弁当作りとか大変そうですが。



ともかく、コメントありがとうございました。
よかったらまた来てください。
御久しぶりです。
三室戸兄貴は相変わらず、哲学者風の文章が上手いですね。
ある種の芸術的な香りがします。

兄貴がここに書いているのと同じような感覚は、
ずっと前から感じていたので、ああ、なるほど。
うまく纏まってきてるなぁ、などと妙に納得してしまいました。

私が同じようなことを書くと、どうしても、
コメディっぽい内容の文章しか書けないので、
軽くなってしまうんですけども。いやはや、重い想いですな。
鼻勝さん、お久し振りです。
お褒めの言葉光栄です。

その方が考えをまとめるのに役立つと思って、
ここのところは小論文風に、序論、本論、結論という形で書いてます。
筆に任せて書いているというより、
全体の構成を考えてかなり意識的に文章を組み立てているので、
かなりの手間と時間が掛かっています。
ブログ拝見させていただきました。
また訪問させてもらいますね。

応援ポチっとさせてもらいました^^
☆SIGSIG☆さん、はじめまして。

応援ありがとうございました。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。