FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  考察  »  なぜ虚無感は消えたのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

なぜ虚無感は消えたのか。


 かつての私は、強い虚無感を抱えていた。やがてそれはどこまでも拡大し、身動きが取れなくなった。しかしそのことへの対応として、感覚に意識を集中した。そして、虚無感は消えた。今回は、その理由について書こうと思う。 なぜならそれを明らかにしておかないと、今までしてきたことの意味がわからないからである。そしてそれが明確にならなければ、これから何をすべきかもはっきりしないであろう。



主体性への疑問


 
 まず主体性への疑問について書く。なぜならそれが、虚無感を生み出したからである。そして、それがそもそもの問題の始まりであった。



 自分の内面というものが、どこにある、何なのかという実感を持てずにいた。なぜなら生じては消える思考や感情とそれらの形成過程全体が、私の内面を構成していると考えていたからである。つまり生じては消える表面的な思考や感情を感じることは出来ても、その背後にあるであろうそれらの形成過程全体はまるで把握できなかったのである。そして実感が持てず、明確に対象化できないものについて考えることは不可能であった。



 自らの主体性というものに疑問を抱いていた。なぜなら自己の内面について、考えることが出来なかったからである。つまり自分が何を考えているのか、本当のところはわからなかったのである。それは自分の意志らしきものは感じられても、それがどこからどのようにやって来るのかわからないということであった。いわばどこからどのようにやって来るのかわからないものを、自分の意志と呼んでいるのである。だから自分は何か得体の知れないものの操り人形に過ぎないのではないかという、奈落の底に落ちていくような不気味な不安に常に苛まれていた。

 

 主体性への疑問が、虚無感を生むことになった。まず自分が何をしたいのか、何をすべきなのかという意志に確信が持てないのだから、世界も自分も単なる雑多な事物の集積にしか見えなかった。そして単なる雑多な事物の集積にしか過ぎないこの世界について知ることに、何の意味があるのかわからなかった。また何をしたところで、何かを右から左に動かしたり、左から右に動かしたりしているに過ぎなく感じた。



 要するに主体性への疑問が、虚無感を生んだのである。なぜなら自分が何をしたいのか、何をすべきなのか確信が持てなければ、この世界も自分自身も単なる雑多な事物の集積にしか感じられないからである。そしてなぜ主体性に疑問を持ったかといえば、自己の内面というものに実感が持てなかったからである。そして実感を持てず、明確に対象化できないものについて考えることは不可能であった。



感覚への意識の集中



 虚無感はどこまでも拡大し、私の手足を縛った。そしてそのことへの対処として、感覚に意識を集中することになる。次にそのことについて書く。そしてそのことによって、さまざまな変化が生じた。
 


 全ての関心を自己の内面へと集中した。なぜそのようなことが可能であったのか。かつては自己の内面というものに、実感が持てなかった。だからそれについて、考えることが出来なかった。しかし虚無感はどこまでも拡大し、意識があるだけで苦しく、身体を起こしているのも辛くなった。するとその状況に対する目眩がするほどの強い危機感と激しい怒りが、自己の内面に渦巻いているのをはっきりと感じた。つまりそれらの激情が、自己の内面に実感を与えたのである。



 感覚に意識を集中することにした。なぜなら、虚無感と感覚は直結していたからである。つまり虚無感は強い不快感を生み出し、その不快感が全身を覆った。例えば身体はとてつもなくだるく、重かった。身体を起こしているのが、辛いほどである。また目の前の現実が、手を伸ばして本当に触れることが出来るのか訝しく思えるほど、遠く見えた。その感覚が、暴れて目の前の物を全て壊してしまいたくなるほどの歯痒さを、生み出していた。



 この世界を鋭敏に感じ取ることの出来る、新たな身体を獲得することとなった。まず虚無感が生み出した不快感を振りきるために、感覚に意識を集中した。また感覚は、身体の機能である。だから感覚に意識を集中するということは、自分の身体に意識を集中するということである。そして感覚に意識を集中することで、何かを生み出せる身体を作り出そうという意図もあった。すると指の一本一本にまで、それまでなかった生きる実感を得た。また、周囲の空間の隅々まで感じ取れるようになった。



 つまり虚無感の生み出す強烈な不快感への強い危機感と激しい怒りのおかげで、自己の内面に関心を集中できるようになったのである。そして感覚に意識を集中することで、この世界を鋭敏に感じ取ることの出来る新たな身体を獲得した。なぜ感覚に意識を集中したかといえば、虚無感が生み出す不快感を何とかするためと、何かを生み出せる身体を作り出すためだった。



なぜ虚無感は消えたのか。

 

 やがて虚無感は消えた。最後にその理由について書く。そのことにより、私が今までしてきたことの意味が明らかとなるであろう。



 新たに獲得された生々しい実感は、相対化されることになる。まず何かを生み出せる身体を作り出そうという意志とは関係なく、情報や概念に対する思考が不意に生じることに気づいた。しかもそれは新たな身体の獲得に伴う血がたぎるような高揚感や、身体が軋むほどの緊迫感とは無縁な、綽々たる愉悦を帯びていた。その結果、新たに獲得された生々しい実感は、一気に相対化された。要するに思考と身体はどれが原因でも結果でもなく、意識上に等価に並存していたのである。



 この世界の内部に私はいるのではなく、むしろ私の中にこの世界はあるのである。以前は感覚も思考も、この世界の内部にある私の身体から、その機能として生じていると思っていた。確かに、物理的にはそうかもしれない。しかし情報や概念に対する思考が不意に生じたことで、自分の身体とその周囲に広がる世界に対する生々しい実感は、一気に相対化された。つまりこの身体は感覚や思考の源ではなく、内面を構成する一要素でしかなかったのである。要するに意識上ではこの身体もその周囲に広がる世界も、感覚により内面に構築された経験として存在するのである。



 主体性から内面全体の整合性への問題意識の移行により、主体性への疑問から生じた虚無感は消えたのである。まず自らの意志で思考し、身体を動かし、身体を通して外部の世界に働きかけると考えるから、意志や主体性が問題となるのである。しかしこの世界も自分の身体も自己の内面に存在し、全てが内面で起きていると考えるならば、どう周囲の世界に働きかけるかという意志や主体性の問題よりも、むしろ思考や経験全体、つまり、自己の内面全体の整合性が問題となるのである。



 要するに私が今までしてきたことは、主体性から内面全体の整合性への問題意識の移行だったのである。そしてそのことにより、主体性への疑問から生じた虚無感は消えたのである。まず情報や概念に対する思考が不意に生じ、自分の身体とその周囲に広がる世界に対する生々しい実感は一気に相対化された。そしてこの世界も自分の身体も、感覚によって内面に構築された経験として存在することを確認した。この世界も自分の身体も自己の内面に存在し、全てが内面で起きていると考えるならば、意志や主体性の問題よりも、むしろ自己の内面全体の整合性が問題となるのである。



まとめ



 ここまで書いてきたことをまとめれば主体性への疑問から生じた虚無感は、主体性から内面全体の整合性への問題意識の移行により消えたということになる。要するに私が今までしてきたこととは、主体性から内面全体の整合性への問題意識の移行だったのである。以上、これまでしてきたことと、その結果としての虚無感の消失について大雑把にまとめてみた。これからは具体的に整合性の問題とは何なのか、試行錯誤の中で考えていくべきであろう。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
全体性
あなたは全体性へ至られたようですね。多くの覚者の陳述と符合しています。新しく生まれ変わったようなものだと思うのですが、病気については全く問題にならなくなったのでしょうか?それとも現実生活は変わらないのでしょうか?
yasさん、こんにちは。

病気はそもそも問題というより、私にとっては成長のための必然的過程という感じです。
現実の生活が変わったかといえば、
ほとんど変わりません。
どこから、どう手を着けていいのかわからない感じです。
なので現実というものが感覚や思考によって私の内面に構築されたものならば、
現実をどうすべきかというより、
むしろ内面全体の整合性について考えるべきだと思うようになったということです。
そして変わるべきものがあるのなら、
その過程において自然と変化するのではないかと考えています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。