FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記、雑談  »  具体的な身体の部分の感覚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

具体的な身体の部分の感覚




 4月17日、久しぶりに外出した。というのも3月の終わりに風邪を引いて、それ以来数週間体調を崩していたのだ。もっとも風邪自体は数日で治った。しかし風邪によって何かダメージを受けたのか、頭がくらくらするほど疲れ果てた気分が数週間続いた。



 さて頭がくらくらすると言っても、腕や脚がくらくらしないように頭という特定の部位がくらくらするわけではない。つまり頭がくらくらするというのは、痛みのような身体の特定の部分に対応する感覚ではない。しかし久しぶりに外を歩くと、足腰が疲れて痛みを感じた。そしてそれは頭がくらくらする感覚とは違い、因果関係のはっきりした身体の特定の部分の感覚だった。またその明確な身体の部分の感覚に意識が向くからか、家でじっとしているときに感じていた頭がくらくらする感覚は薄れていた。そして頭がくらくらするという具体的な身体の特定の部分に対応しない漠然とした感覚より、痛みなどの具体的な身体の特定の部分の感覚の方が耐えやすいし、コントロールしやすいように感じた。




ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。