FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記、雑談  »  春の陽気と懐かしさ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

春の陽気と懐かしさ




 3月9日。



 外はすっかり春の陽気だった。私の気分はけして明るくはないが、世界は明るかった。しかしその春の光と甘い匂いを感じていると、何か懐かしい気分になった。とはいえ私には懐かしむような思い出などありはしない。だから、特定の時点の具体的な出来事を思い出しているわけでもない。だが、なぜか若さを取り戻していく気がした。



 では何を懐かしんでいるのかと考えていると、春の光と匂いが漠然と未来に期待を抱いていた子供のころを思い出させることに気づいた。つまり子供のころは、人間とは自分の意志で生まれてくるのでもなく、訳のわからない状況の中で右往左往しているうちに年老いて死ぬだけの存在だと思っていた。しかし、そのように感じるのはただの無知で無力な子供に過ぎないからだと考えた。そして大人になれば、何か納得のいく答えを得られるのだと根拠もなく信じていたのである。



 だが成長するにつれ、ただ大人になるだけでは自分の苦悩を解決することは出来ないと感じるようになった。そして未来への期待は、10代の半ばには絶望に完全に取って代わられた。しかし20代の後半には瞑想と散歩による変化の中で、再び子供のころのような漠然とした期待を感じるようになる。だがそれも空振りに終わったかに思えた。そして、それまで感じたことのない冷めた失望と苛立ちを覚えた。とはいえ今は20代後半の変化は消して空振りではなく、子供時代から続く必然的展開の連なりの一過程だったと考えている。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。