FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  勉強  »  第211回TOEIC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

第211回TOEIC




6月26日、第211回TOEICを受験した。



二年前からTOEICを約半年に一度ずつ受けている。10代前半まではよく本を読んだ。しかし10代半ばで精神を病んでからは、急に本が読めなくなった。読むのが遅くなり、しかも読んでいても内容が頭に入って来ない。知識が身につくという実感が全く得られず、苦痛でしかなかった。そのことが知識や技術を得る上で、大きな妨げとなってきた。そこでTOEICを受けることにしたのである。つまりTOEICに出てくる文章はそれほど込み入った内容ではなく、一つひとつの文章も短い。だから内容の理解にあまり労力を割く必要がなく、読む、すなわち、文字の羅列とその意味を頭の中で結びつける、という行為の訓練になると考えたのである。



英語は過去にも勉強したことがあり、一から勉強するわけではない。しかしTOEIC対策という意味では、受験を申し込むもののたいして勉強もしないまま試験に突入するということを繰り返してきた。結果として、スコアは800台後半で伸び悩んだ。今回も一週間ほど前になって、慌てて公式問題集の一部を読んだだけだった。何の進歩もない。



常に体調が優れず、勉強のための気力と時間を確保することに苦労している。疲労のせいか、試験のプレッシャーからか、試験中も腹がきりきり痛み、それが気になった。試験が終わり、家に帰る間に痛みは引いていったが、夜までめまいがするような圧迫感が腹部に残った。



今回は900点以上取りたいと思っていたが、900点取れた確信がない。やはり試験直前の申し訳程度の勉強ではスコアは上がらない。限られた気力と時間を何とかやり繰りして、毎日少しずつでも地道に勉強を続けるしかない。



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけたら、ありがたいです。


人気ブログランキングへ

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三室戸弘毅

  • Author:三室戸弘毅
  • 40代。男性。
    うつ病をきっかけに、15の頃から20年以上ひきこもってます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
アルバム
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。